ホーム > 女子校 > 豊島岡女子学園中学校・高等学校

豊島岡女子学園中学校・高等学校

東京都豊島区中学受験

海外での貴重な経験を活かし、さらに自らを高めたい、さまざまなチャレンジをしたい人集まれ!

豊島岡女子学園中学校・高等学校 写真

最新情報

  • 説明会など
    学校見学 【要予約】
    受験生のための見学会:4月13日(土)・20日(土)・4月27日(土)
    学校見学会(小学生の保護者対象(一部小学生も対象)):6月12日(水)・22日(土)
    ※水曜日実施の対象は保護者のみです。
  • 2024年度 中学校入試結果・各教科の入試問題報告
  • カリキュラム
    【中学】  【高校】
  • 豊島岡生の一日
    毎朝8時15分の合図とともに、全校一斉に静寂の時がきます。各自が用意した1mの白布に赤糸をひたすら通す「運針」です。
    一日の始まりを心静かに迎える「5分間の禅」ともいえるこの行は、集中力を養う心の鍛錬の時間です。
  • クラブ活動
  • 2024年度 生徒募集要項
    試験期日:1回(帰国含):2024年2月2日(金)
        :2回(帰国含):2024年2月3日(土)
        :3回(帰国含):2024年2月4日(日)
    試験科目:国語・算数・社会・理科

コメント

豊島岡女子学園では、授業以外に、メーカーや大学と連携したT-STEAM:Pro(モノづくりプロジェクト)や、世界の研究について講義を聞くサイエンスダイアログなど、希望者が参加できるイベントや講座がたくさんあります。また、模擬国連などの外部イベントへの参加をサポートしています。
令和4年度から高校の募集は停止しております。中学入試はこれまでと同様に帰国生に加点優遇の措置があります。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

1学年は6クラス編成、クラス・授業とも一般生との混合で行っています。どの教科も勉強のしかたやノートの取り方なども指導しており、英語では毎回の授業で確認テストがあり、結果を見ながら再試や補習などのフォローがあります。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

帰国生は一般生との混合クラスで英語の授業を受けます。中1から高1まではネイティブの教員による授業が週1時間あります。中学の英会話の授業は、習熟度別で少人数で行っています。日常英会話に加え、英語で理科実験を行うなどプレゼンテーションを行う応用力にもつなげていきます。放課後には英語のスキルをさらに伸ばしていきたいという生徒を対象とした外国人教員によるオールイングリッシュの少人数授業(English Academics)やネイティブの教員と自由に会話できるEnglish Language Tableを実施していますので、そのような機会を利用して英語力を維持・向上させることができます。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

帰国生に限らず、放課後などを利用して、教科担当者による再試や補習を適宜行っています。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

海外での貴重な経験を活かしたり、日本に戻ってからの英語に対するモチベーションが維持できるよう、クラブや行事などで活躍できる場や、英語を活かしたイベントなどの参加を促すよう心がけています。

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

生徒の大多数は一般生ですので、校内において帰国生であることを区別していません。しかし、貴重な海外経験を、自分から学校生活でのさまざまな場面で活かして欲しいと思っています。また、学校見学にお越しいただき、本校の教育方針や校風などをご確認ください。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

日本とは異なる環境や文化の中で生活し、さまざまな人々と共に生活した体験をして、広い視点をもてることはとても素敵なことです。ぜひ海外だからこそできる様々な経験をしてきて欲しいと思います。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

本校に興味をもっていただけましたら、ぜひ一度お越しいただき学校の雰囲気を実際に感じてください。ホームページでご確認の上、お越し下さい。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

海外での経験から、他者との違いを意識しながらも自分の意見をしっかりもち、上手に発信できる生徒が多いことです。そして、様々なことにチャレンジしようとする意識が高く、また他の人から多くを学ぼうとする姿勢がみられると思っています。実際に学内の探究型学習プロジェクトや学外の模擬国連などにも積極的に参加しています。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

生徒たちの英語を学ぶ意識の高さです。高1で全員がディベート英語を学びます。また、洋書を多読するプログラムや、英語劇や英語ディベートなどに取り組むクラブ活動があります。英語によるビブリオバトルや、英字新聞プロジェクト、STEAM英語、国際交流イベントなど、生徒の英語力が発揮される企画を工夫しています。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

帰国生と一般生の試験は同じものです。帰国生には総点に対して5点の加点優遇措置があります。また、本年度より算数・英語資格入試を実施します。算数は4教科入試と同じものを受けていただき、それに英検級及びCSEスコアによるみなし得点を加算し、選抜を行います。どの教科も基礎・基本をしっかりと身につけた上で、過去問にも多く取り組んでみるようにしてください。

学校基本情報

【所在地】
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-25-22

【最寄り駅】
JR・東京メトロ・西武線・東上線・都バス・私バス「池袋駅」 徒歩7分
東京メトロ有楽町線「東池袋駅」 徒歩2分

【電話番号】
03-3983-8261

【入試広報ご担当】
入試広報部長 鈴木 健史先生

【転・編入】
お問い合わせください

【学校寮】
なし

【海外入試】
なし