ホーム > 女子校 > 文京学院大学女子中学校 高等...

文京学院大学女子中学校 高等学校

東京都文京区中学受験高校受験編入海外入試

軽やかに国境を越えて グローバル×探究 描くのは、私だけの ストーリー

文京学院大学女子中学校・高等学校 写真

最新情報

  • 中学入試 説明会スケジュール
    5/12(日)キャンパスツアー!、5月19日(日)学校説明会、6月5日(水)体育祭
  • 高校入試 説明会スケジュール
    5月19日(日)あなただけの説明会、6月5日(水)体育祭
  • 46の国と地域から1600人の学生が参加したISEF2023国際学生科学技術フェア「材料科学部門」にて、4等を受賞。グローバル教育と探究活動がコラボレーションした結果、世界で評価されました!
  • 海外帰国生サポート
    放課後講座「国際塾」は、英語で学ぶSchool in School。帰国生対象「Basic Japanese」で、語彙や読解が必要とされる授業をしっかりサポートしていきます。
  • 2024年、創立100周年を迎える伝統校です。伝統教育の一環として、全校で運針とペン習字に取り組んでいます。また、中学生は礼法(茶道・華道)の授業があります。
  • 2024年度海外帰国生入試 募集要項
    【中学】
    試験日:12月4日(月)・12月25日(月)・2月2日(金)
    【高校】
    試験日:12月1日(金)・1月7日(日)・1月23日(火)・2月11日(日)

コメント

 最寄り駅である JR 山の手線・営団地下鉄南北線駒込駅、 JR 山の手線・都営三田線巣鴨駅から徒歩5 分、六義園に隣接する閑静な住宅街に位置する学校です。新宿や品川、大宮(埼玉県)、柏( 千葉県)など主要ターミナル駅からも 30 分前後で到着するため、生徒たちは広い地域から通学しています。
 文京学院の グローバル教育の基本は、「英語で学ぶ」です。ネイティブ教員の専門性を生かしたコラボ授業や国際塾、アオバインターナショナルスクール( 2022 年 1 月、本校敷地内に文京キャンパスが開校)との教育提携など、日常的に英語と多文化に触れて 、グローバルな感性を磨く環境が整っています。そのため、帰国生をはじめとする、様々な文化背景を持つ生徒たちがのびのびと学んでいます。
*オンラインでの個別相談を随時承っています。メールでお問い合わせください。
*海外大学進学を応援する推薦入学協定校あり。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

一般生が学ぶクラスで、一般生と同じ授業を受けます。ただし、帰国生や留学生ほか、多様な文化背景を持つ生徒が増えているため、授業を受けていく上で十分消化できていない教科があった場合は、担任と国際部の教員がサポートに入っています。
高校では、国際教養コースと理数キャリアコースの2コースがあります。帰国生自身の興味・関心や、将来の進路に合わせて選択することが出来ます。高校2年生からは、国際教養コースに、海外大学への進学も視野に入れた学習ができる「Sクラス」が設置されています。海外教育提携校との交流も多く、もっと英語を学びたい生徒のニーズにも充分応えられるカリキュラム編成です。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

高度な英語力を持った生徒を対象に、一部の英語授業では通常と別カリキュラムの授業をおこないます。
また、校内に『国際塾』を設けていますので、「海外で身につけた英語力をキープしたい」「さらに向上させたい」 というニーズにも対応可能です。『国際塾』は国内の国際教養学部や外国学部をはじめ、本校と提携している海外の大学への進学を想定し、プレゼンテーションやライテングにも対応できる高い英語運用能力を養成するための講座です。平日放課後に実施。授業は英語で行われ、クラスはレベル別、多種多様な講座になっています。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

日本語指導が必要な帰国生には、日本語(国語)力を測定するテストを実施した上で、補習授業を行います。
また、学習方法について不安を感じる生徒を対象に、国際塾「Basic Japanese」講座を開講して学業、学校生活全般のフォローアップを行っています。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

長年の異文化理解教育が浸透していますので、国内生も帰国生に対してとてもフレンドリーです。そのためか、帰国生のクラスへの適応も大変スムーズです。海外での貴重な異文化体験を生かしながら、日本の文化もより深く学び吸収して欲しい…そんな思いを持って指導しています。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

国内、国外に関係なく、どんな経験も貴重な学びです。海外でした経験を生かせる学校生活を送ってほしいと思っています。文京学院が考える帰国生に「海外で学んできてほしいこと」は、帰国生個々が経験したこと、そのものです。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

ご本人、ご家族が本校の教育方針や教育内容について充分ご理解の上でご入学ください。本校は、語学教育に加えて、探究活動にも力を入れています。好奇心もって、前向きに学ぶみなさんの入学を期待しています。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

各学年担当のネイティブ教員が日本人教員とともに、学級・学年運営に携わっているため、日常的に英語に触れる環境が整っています。また、英語や英会話以外の授業で、ネイティブ教員の特性を生かしたコラボ授業を行っています(2023年度実施例:中1音楽、中3・高2体育、高2世界史など)。放課後の「国際塾」とあわせて、単に英語を学ぶのではなく、英語で学ぶことで、グローバルな感覚を磨いていきます。
アオバジャパン・インターナショナル(A-JIS)を本校敷地内に誘致し、両校での教育提携を行っています。1日A-JISのキャンパスで学ぶ「One day 留学」や相模湾での海洋問題に取り組み、メッセージ性のあるアート作品を制作する「藍 indigo project」、本校の体育祭やA-JISのCarnivalなどお互いの行事に参加するなど、生徒間の交流が活発に行われています。今後も交流の場を増やし、ともに学べる環境を整えていきます。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

JR山手線・東京メトロ南北線駒込駅とJR山手線・都営三田線巣鴨駅の両駅から徒歩5分というアクセスの良さに加えて、名勝六義園に隣接した閑静な住宅地にあり、安心・安全に通学出来ます。また、100年近い伝統の中で受け継がれて来たペン習字や運針、正規授業として茶道・華道を学ぶことが出来るため、日本の文化に触れる機会が多く用意されています。
また、部活動も大変活発です。全国大会常連校のバレーボール部をはじめ、運動部、文化部とも盛んに活動しています。バレエやフィギアスケート、絵画など、学外での習い事に励む生徒も多く、生徒個々が自分の特性を伸ばし、互いにリスペクトし合って生活しています。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

小学校または中学校修了程度の学力を測る学科試験を課す方式のほか、海外在住時に身につけた英語力を生かす方式があります。また、英語の資格試験、英語以外の語学力、海外在住時の貴重な経験なども積極的に評価します。ぜひ、お知らせ下さい。また。オンライン入試も行っています。試験日は帰国予定日や時差に応じて対応できます。ご相談下さい。

学校基本情報

【所在地】
〒113-8667
東京都文京区本駒込6-18-3

【最寄り駅】
JR山手線・都営三田線「巣鴨」駅
JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」駅

【電話番号】
03-3946-5301

【入試広報ご担当】
入試対策室長 
西山 雄二先生

【転・編入】
定期的に実施

【学校寮】
なし

【海外入試】
オンライン入試