ホーム > 女子校 > 山脇学園中学校・高等学校

山脇学園中学校・高等学校

東京都港区中学受験編入海外入試

5つの英語グレード別授業で、小学生までに培った英語力を確実に伸ばします

山脇学園 中学校・高等学校 写真

最新情報

コメント

帰国生については、中1次に英語入試入学生とともに、英語既習生クラス(クロスカルチャークラス)を編成。
英語の授業は5つのグレード別授業となり、英検準1級程度のクラスも編成。最上位2クラスはネイティブが6~5時間を担当します。
イングリッシュアイランドでのグローバル教育プログラム、サイエンスアイランドでの自然科学系教育プログラムなど、帰国生の能力を豊かに伸ばす環境が整っています。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

2016年度より、帰国生と、英語を学んできた国内生による「英語既習生クラス」(クロスカルチャークラス)を設置しました。このクラスは英語科の教員や海外経験豊富な教員が担任となり、互いの経験を尊重し学び合う環境の中で、文化的なフォローアップと教科教育のフォローアップを行います。帰国生の方は中1ではこのクラスに所属し、安心してのびのびと学園生活を送ることができます。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

入学時の英語の学力に応じた、5つのグレード別授業を用意しています 。日本人学校出身で、通常の学習過程で英語を学んできた場合にも対応する
グレードがありますので、ご安心ください。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

国・数・理・社については、学力特性に合わせて基本重視の授業を行います。国語は取り出し授業(指名制)を行います。放課後に隔週で理科・社会のキャッチアップ講座(希望制)も行います。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

帰国生が安心して学校生活を送れるように、学年・担任・英語科教員が連絡を取り合い、必要なサポートができるようにしています。また、帰国生の持っている英語力を保持・伸長できる環境であるイングリッシュアイランドを有効に活用するとともに、国内大学受験に対応できる英語力や、海外大学に直接進学し、グローバルに活躍できる英語力を育てることを目指して、教育を行っています。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

本校は、学校生活の中で多様性を受容し、尊重する力を育むために、学園全体で「クロスカルチャー教育」に取り組んでいます。これは異なる文化が交わることで生まれる感動や発見を生徒の成長につなげるという理念で、すべての生徒たちに様々な異文化体験の場を増やし、国際社会で生きる力を育成するものです。帰国生の方は、海外での経験に誇りを持ち、それを仲間に伝えるという姿勢と、日本の文化や価値観を素直に受け止める姿勢の両面を持って入学していただきたいと期待しています。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

海外生活のなかでは、新たな環境に自分を適応させる工夫や、英語を習得するための学習など、大変な努力もあったことと思います。しかし、日本国内では経験できない多様で貴重な体験をされたことは恵まれたチャンスでもあったことでしょう。そのような経験を経てきたことを誇りとし、培われた柔軟性や向上心、豊かな感性を、新しい環境で発揮し、活躍していただきたいと思っています。本校のクロスカルチャー教育は、帰国生の方が過剰に周りを気にすることなく、のびのびと学校生活を送ることができる環境をつくるとともに、ローカルでも活躍できるように、日本人としての精神性や日本語による教養を学ぶ機会もつくっています。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

物ごとを多面的な視野からとらえることができ、自分の意見を持ち、表現力や発想力・創造力に優れていると感じます。また、学びへの意欲も高く、英語以外の学力も伸び幅が大きいと感じます。6年間で将来への志を見つける生徒が多く、希望の進路を実現する力に秀でています。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

本校の英語コミュニケーションエリア「イングリッシュアイランド」です。校内で海外にいるような環境を設置したこのエリアは、ネイティブが常駐し、英語でふれあうことができる空間で、授業以外に放課後にも様々なイベントを行っています。2022年度からは、英語既習生の英語授業は5つのグレード別授業となり、英語初学者も含め、自分の英語力に合った学びをスタートさせることが可能。特に最上位のグレード5と4は、それぞれ英検準1級、2級相当の英語力からのスタートのクラスで、ネイティブがそれぞれ6、5時間を担当します。ケンブリッジ出版のテキストを使い、英語を学ぶというより、英語を使って学術的なことを学ぶ時間となります。海外大学直接進学を目指す生徒などに向けて、TOEFL・SAT講座を開講している他、年間10回以上に及ぶ海外大学進学説明会に中1から参加できます。学内で海外大進学担当の教員に相談を受けることもできます。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

帰国入試には帰国Web入試、帰国生入試11月・2月の2種類があります。英語を使って受験したい場合、すべての入試で英語の試験はありません。英検等のスコア表を提出することによって受験できるシステムとなっています。
帰国Web入試は、ネットで完結する入試です。課題の提出のみの試験となります。
帰国生入試11月は、①国語・算数 ②英検3級相当スコア表提出+国語+面接(英語) ③英検3級相当スコア表提出+算数+面接(英語)のいずれかを選択して受験できます。また、国語と算数は、各30分50点と帰国生が受験しやすくなっております。
帰国生入試2月は、A・B・Cと三回行われ、国語・算数の2科目で受験できます。いずれも50分100点で、国語と算数の問題は一般入試の問題と同じです。
コロナ禍のために、お問い合わせが大変多くなっております。帰国生特設LINEアカウントのチャットで個別にご相談いただくことが可能です。提出していただいたスコアに応じて、国語と算数の総合計点合格ラインが低くなる特典制度があります。過去問題についてはHPに掲載しております。

学校基本情報

【所在地】
〒107-8371
東京都港区赤坂4-10-36

【最寄り駅】
・赤坂見附駅 徒歩5分
・永田町駅 徒歩10分
・青山一丁目駅 徒歩7分
・赤坂駅 徒歩7分

【電話番号】
03-3582-5937

【入試広報ご担当】
教頭
鎗田 謙一先生

【転・編入】
あり

【学校寮】
なし

【海外入試】
オンライン入試